ゲームの変化と時代の変化

動画に集中している

皆様は普段の生活でどれくらいゲームをしますか?
休みの日はずっとやってるユーザーもいれば、今までまともに触ったこともない方だっていっぱいいらっしゃるでしょう。
ここ数年でそのゲームの概念は変わりつつあります。それはゲーム機の変化です。
これまで、ゲームといえばテレビもしくは専用の携帯ゲーム機の画面を見て遊ぶのが一般的でした。もちろん今でもその形は残っています。
しかし、ここ数年でスマートフォンが登場し、急激に進化しました。ゲーム機はゲーム好きのユーザーしか買いません。でも、スマホはほとんどの人が持っています。
スマホしか持っていない人にとってゲームをするというのはゲーム機にゲームソフトを入れて遊ぶのではなく、スマホアプリで遊ぶというものに変化してきているのです。
ある雑誌に今の若い人対象のアンケートで所持しているゲーム機は?というものがありました。
すると、驚くことにプレイステーションやニンテンドーDSなどを差し置いて、スマートフォンが一番になったのです。
古くからのユーザーからすれば、スマートフォンをゲーム機としてカウントする方がおかしいと思うかもしれません。スマートフォンは携帯電話の進化系です。
本来はゲームをするために生まれたのではなく、電話やメールなどの連絡網として生まれたものです、ゲーム機はゲームをするため生まれました。
そのゲーム機が負けているのは少し寂しい気持ちになりますね。

今回特集する「ドラゴンクエストライバルズ」はドラクエシリーズの一つです。
ドラクエの歴史もゲーム界ではかなり古い方で、有名な「マリオ」、「パックマン」に次ぐ歴史の長さを誇っています。
スマートフォンが一般化する前まではドラクエシリーズの最新作が出るたびにニュースなどで取り上げられるくらいでした。
発売日に購入し、遊ぼうとする人たちが多くいて「ドラクエ休暇」といわれる現象も珍しくありませんでした。
しかし、このドラクエライバルズがリリースされてもそこまで大きな話題にはなりませんでした。
それは、このドラクエライバルズがスマートフォンのアプリだからです。
物体化しているゲームソフトは店によって置いている数も限られており、全てのユーザーが無事手に入ることは難しいものがありました。
一斉にダウンロードすることで通信障害が起こることがあっても、スマートフォンアプリは売り切れるということはありません。
なので、店の前に並ぶようなこともありません。ちょっと寂しいものがありますね。
これまではゲームソフトとして販売されていたマリオやどうぶつの森もここ最近で、スマートフォン向けに配信されていきました。
ゲーム機はもちろん、ゲームソフトも変化してきているのでしょう。

ゲームそのものや遊ぶこと自体を否定する頭の固い人もいますが、それは間違っています。
極端な長時間をして健康に被害が出てくるのはゲームだけではありません。
スマートフォン向けのゲームは今の冷めきった人間関係を改善することが出来る可能性があります。
今社会問題になっているいじめや自殺の増加も元は人間関係が大きく関係していることが多いです。
携帯電話が登場した時、メールというツールが若い人の間で当たり前になりました。今あるラインなどのアプリはそのメールの名残といってもいいでしょう。
上手く活用すれば、これほど便利なものはありません。が、誤った使い方をすれば人を陥れることもできます。
こういった人間関係トラブルをスマホゲームで改善させるのです。同じゲームをしているもの同士であれば、会話も弾み自然と仲良くなることができます。
こういうきっかけがないと、まともに会話が出来ないのは仕方ないことかもしれません。
それでもゲームがコミュニケーションのきっかけになるのなら、スマホゲームも一つのコミュニケーションツールといえます。






  • 微笑んでいる男性

    攻略サイトを活用しましょう

    ゲーム内でつまづいてしまい、中々先に進めない人は攻略サイトを活用していますか。攻略サイトなら、そんな問題もすぐに場所も選ばず攻略することが出来ます。情報の更新も早いので、今のゲーム環境に対応しています。

  • PCを立ち上げている

    人気コンテンツ

    「スマホゲームで変わるゲームの概念、ユーザーの変化とは?」の人気コンテンツ一覧です。